03-5908-8010

被災地勤怠管理:一般社団法人 気仙沼復興協会様

勤怠管理業務の負担軽減で、主要業務の強化・集中を実現

kesennuma_tit

導入先団体

気仙沼復興協会様


緊急雇用の創出を目的として気仙沼市からの事業委託をうけて設立された一般社団法人です。
具体的には、がれきの仕分け・片付け支援等の清掃事業や写真修復、仮設住宅入居者のコミュニティ交流支援等の福祉事業を展開し、そのための職員を雇用されています。気仙沼復興協会の写真

導入経緯

弊社では、2011年3月11日発生の大震災により被害を受けられた方々に対して、募金活動等の支援を行ってました。
募金等の間接的な支援以外にも、企業として何か出来ることは無いかと模索していたところ、気仙沼復興協会様の支援者の方から勤怠管理についてのご相談を頂きました。同団体では、遠隔地に複数拠点が存在し、各拠点の職員の勤怠を紙ベースで管理・集計していたため、その管理作業を効率化したいというご相談でした。

弊社で開発・販売を行う出退勤管理システム「勤怠ケータイ」は、スマートフォンや携帯電話をタイムレコーダーとして利用しFeliCa Liteカードをかざすことで、勤務データを記録します。屋外やLAN/WAN設備の無い場所でも勤怠管理を行えることを特長としており、それが同団体のご要望にマッチしたことが導入の決め手となりました。

提案したソリューション

出退勤管理システム「勤怠ケータイ」の導入

今回導入したのは、屋外やLAN/WAN設備の無い場所での出退勤記録に適したAndroid版、そして事務所等での利用に便利なPC版の2タイプです。 同システムで利用するFeliCa Liteカードは、ソニー株式会社 FeliCa事業部様から拠出頂きました。 2011年11月4日(金)には、システム導入のため弊社の代表取締役も同行し気仙沼に伺いました。

効果

Android搭載スマートフォンで取得した打刻データも、PC版で取得した打刻データも、Web上の同一サイトで集中管理頂けるので、事務処理の手間も大幅に削減されました。

勤怠ケータイをご利用頂いている風景

お問い合せ